車の査定|走行距離はポイントになります

買取査定に大きく関わる要因

自動車査定の際に重要になってくるのはやはり「走行距離」ですが、車の年式等も買取査定に深く関わってきます。

一般的にですが、年式が新しいほど買取査定額は上がります。

 

しかし例外として、その年式の車にプレミアがついている車種は査定額がぐっと上がる可能性があります。

 

他には、同じ年式の場合でもちょうどその年にモデルチェンジがあった場合は査定額に影響してきます。

 

フルモデルチェンジにしろマイナーチェンジにしろ、モデルチェンジが行われれば必ずといっていいほど旧型の車種の買取り価格は下がります。ですから、その前のタイミングで愛車を手放す人も少なくありません。

 

 

先程話したプレミアがついている車種ですが、例えば記念モデルの車や台数限定で販売された車です。

 

しかし、例えプレミアがついていて最高級のグレードであったとしても、自動車のコンディションが良くなかったとしたら・・・

 

 

せっかくのプレミアをかき消してしまうようなマイナス査定になってしまう可能性もあります。十分に注意しましょう。